自己破産

自己破産はどんな人に適応するのか、またはどんな条件があるのでしょうか。
債務整理相談の中でも自己破産は最後の手段と考えるべきであり、まずは任意整理で解決できないか、個人再生で解決できないかなどを検討してみましょう。

自己破産というのは基本的に債務が免除される事になりますが、それはただ免除になるのではなく、それなりのリスクがあります。
基本的に所有していた家財は全て差し押さえられ、残される物と言えば、生活に必要な最低限のものだけだそうです。
長期に渡り、旅行ができない、持っていた資格は一時的に無効になるなどと言った制限のある生活を送る事になります。
在籍している会社には知られる事はなく、戸籍にも載りませんが、本籍地の破産者名簿に記載されます。
借金問題を解決したいとは思いながらも、自己破産を重くとらえる人もいるでしょう。
様々なリスクもありますが、自己破産は終わりをイメージするものではなく、新しいスタートの為の手段である事を忘れないで下さい。

This entry was posted in 債務整理に関する法律・用語. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります