任意整理とは

多重債務に陥ってしまった人たちは、任意整理という方法で債務整理をすることができる可能性があります。
借金返済のめどが立たなくなったり、病気になって働けなくなったりと人生にはどんなことがあるかわかりません。

任意整理とは、簡単に言うと債務者と債権者の話し合いによって借金の減額することです。
裁判所など公的な場は必要でなく、個人で債権者と交渉する事も可能です。
更に具体的にその方法を言うと、元の借金にかかっている高い利息を利息制限法という法律に基づいて計算しなおして借金の見直しをするのです。
この再計算によっては多くの場合借金は減額される事になります。
この交渉はできれば専門家である弁護士や司法書士に依頼した方が間違えなく交渉が成功すると言えるでしょう。

個人であると債権者の言いなりになってしまう可能性もあり、多くの場合思い通りにならないと思っていいでしょう。
また厳しい取り立てにあっている様な場合は、弁護士に依頼する事で取立行為を即座に停めることができ、和解までは返済が一時的に停止されるというメリットがあります。

Comments are closed.